アバナ

最新のED治療薬

いいところを凝縮した薬


>>アバナ正規品を購入したい方はこちら<<

アバナという人は知る人ぞ知るED治療薬ですよね。

まだ日本で有名ではない理由としてはまだ日本の病院では未承認となっていて病院で処方されていないためあまり有名ではないと思います。

多くの人が3大ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスについて把握していると思いますが、ちょっと待てよ?他にED治療薬はないの?って思う人もいます。

もしかしてこの3つしかED治療薬は作られていないの?って思うかもしれませんが、最新のED治療薬として今後注目度を挙げることは間違いないのがアバナ(ステンドラ)と呼ばれるED治療薬です。

ステンドラという薬は最初日本人の製薬会社が開発を進めてきましたが、そこからアメリカのVIVUS社に譲渡されて開発された通称次世代の薬なんです。

これは簡単に言えば今までのED治療薬の良いところを凝縮した薬といえます。

レビトラのように即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けづらいというメリットがあります。

効果時間は6時間とバイアグラと同程度なのですが、やはり即効性と食事の影響を受けづらいというのは大きいですよね。

ステンドラを持っておけば色々なシーンで役立つことは間違いありません。

ステンドラも他のED治療薬と同様に三つの規格があります。主成分のアバナフィルの含有量によって規格が分かれていて「50mg、100mg、200mg」があります。

多くの人が日本で未承認の薬を利用するというのは怖いと思われるかもしれませんが、そもそもステンドラは今アメリカで話題のED治療薬で安全性が確認されているから販売されていますし、アジア圏内でも販売されていて効果は実証されています。

未承認というのは日本の医療機関が承認をするのが遅いからです。

これまでバイアグラは異例の速さで認可されましたが、シアリスに限っては4年もの月日がかかりました。

それもシアリスは開発当初から変わらずで日本用に改良されたというわけでもありません。ただ単に承認されるまでのスピードが極端に遅いだけです。

つまりいづれステンドラも承認されて病院で処方されるのはもうほぼ確定的なんです。

それでも日本の薬じゃないんでしょ?という人もいますが、現状ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスというのは全て海外で誕生をしている薬です。

日本の医療メーカーよりも正直海外のほうが優れていることのほうが多いです。

日本は利権などが絡んで来たりと本当に開発が遅れていると言われていますし、日本の若い人も海外で勉強をする人も多いです。

未承認だからといって使わないという考えではなくて日本よりも優れている次世代の薬を試すことが出来るという風に考えましょう。

とはいえいきなりステンドラを試すのは気が引けるという人はステンドラのジェネリック医薬品でもあるアバナを購入しましょう。

日本では病院で処方すらされていない2017年9月現在において海外のジェネリック大国インドではステンドラのジェネリックが誕生していたりするのです。

アバナはステンドラの半分どころではなくて10分の1程度で購入出来てしまいます。

1ケースだけ試してみたということもアバナであれば簡単に購入することが出来るのでまずは試してみましょう。

そこで自分に薬が合っていて今後も継続して使用したいと思ってもアバナであれば金額も全然負担になりますよね。

今はまだ日本ではあまり有名とはいえないアバナですからアバナを購入することも難しくはありません。

医薬品個人輸入代行サイトによってステンドラが品薄状態になって中々手に入らない場合もありますし、そもそも同等成分配合で同等の効果が認められるのであればということで最初からアバナだけしか販売をしていないところも多いです。

これまでの良いところ尽くしの最新のED治療薬を一度は試してみましょう。

>>アバナ正規品を購入したい方はこちら<<

各ED治療薬の詳細ページへ