ジェネリック医薬品について

先発医薬品も同等の効果がある

厳しい検査をクリアしている


ジェネリック医薬品という言葉は日本でも多くの人が名前ぐらいは聞いたことがあるという人もいると思います。

ジェネリック医薬品というのはほぼ病院でほとんどのところで処方されるようになっています。

もちろんED治療薬にもジェネリック医薬品というのがありますのでジェネリック医薬品について紹介していきます。

ジェネリック医薬品というのは世界共通の言葉であり、後発医薬品という意味で使われています。

先に開発されて販売されている薬の同等の成分が配合されて、先発医薬品と同等の効果が認められて出回る薬です。

医薬品と同じ成分や効果が認められるのであればジェネリック医薬品のほうが安いですから多くの人がジェネリック医薬品をしようしますよね。

なぜジェネリック医薬品が安いのかというとそれは先発医薬品と比べると開発コストが大体10分の1程度の抑えることが出来るという点です。

本来新薬を開発するとなると莫大な予算がかかり、100億円以上かかる薬もあります。


また開発期間も長くて10年以上かかるケースもあります。

しかし、ジェネリック医薬品の場合はそのコストを10分の1程度に抑えられてさらに開発期間も3年~5年となるので予算を圧倒的に抑えられるからこそ販売料金が安いのです。

だったら新薬を開発をする意味があるの?って思うかもしれませんが、新薬として認められた薬は特許がつき、向こう10年から15年ぐらいは独占的に販売をすることが認められています。

あくまでもジェネリック医薬品というのは特許が切れたものを販売をしています。

ポイントとしてジェネリック医薬品も開発から販売に至るまでに3年から5年もの月日を要するという点です。それだけで厳しい審査を受けているということは覚えておきましょう。

よく消費期限が切れた薬と誤解をしている人がいますが、消費期限が切れた薬なんかを販売していたら大問題ですのでありえません。

勘違いしてはいけません。

今日本の医療保険などもかなり圧迫財政となっていてジェネリック医薬品だと医療費の負担が軽減されるということで非常に政府が推進しています。

利用している人も薬が安く手に入れることが出来るということもありかなりありがたい存在となっています。

現状ED治療薬のジェネリック医薬品はバイアグラしか病院では処方されていません。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すればシアリスやステンドラ(アバナ)のジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

同等という効果とは

よく利用者の中でジェネリック医薬品は効果がないという噂が出回っていますよね。

そんなことはありません。ジェネリック医薬品というのは同等の効果が認められて販売が許可されているから効果がないというのはただのデマだ!って言う意見が大半です。

しかし、気をつけなくてはいけないのは“同等”という言葉です。

基本的に医薬品で“同等”と認められるのは±20%いないであれば“同等”と認められます。

±20%ということは最も大きな差で-20%から20%で40%の開きがありますよね。人によっては今までのほうが効果が高かったという意見も出てしまうのも仕方がないですよね。

他の可能性としてはインターネット上で注文をして偽物の薬を手にしてしまった可能性も高いです。

現状病院で処方されるED治療薬のジェネリック医薬品はバイアグラのみです。海外で個人輸入すればシアリスなどのジェネリック医薬品を手にすることが簡単に出来ますが、その分偽物が多いので気をつけましょう。

正規品を取り扱っているサイトを利用すれば簡単です。

各ED治療薬の詳細ページへ