勃起不全の最後との砦ICI療法

被験者の98%に効果ある

直接陰茎に注射する


勃起不全の最後との砦ICI療法について紹介していきたいと思います。

バイアグラやレビトラといったED治療薬は非常に多くの人に効果を示しますし、シアリスやアバナに関しては今までネックと感じていた副作用や食事の影響を受けづらいという点でもどんどん進化してきています。

実に被験者の80%以上の方が大なり小なり効果を実感できたということで多くの人が助かったという意見があります。

しかし、残念ながら残りの20%の方は効果を実感できないという結果になってしまっています。

ED治療薬が効かなかったら一生性行為が出来ないのか!って思うかもしれませんが、当然ED治療薬以外にも勃起不全を解消する方法があります。

それがICI療法と呼ばれる治療法です。

未だICI療法は日本でもそこまで行っている病院は多くはありません。しかし、このICI療法の優れているところは98%の方に効果を出ると言われていて非常に高い実績を持っています。

そんなICI療法はどのようなものかを説明していきます。

ICI療法は専門の医師が調合した薬を直接陰茎部に針で注射して強制的に勃起をさせるということです。

え?針を直接注射するなんて絶対に痛いじゃん!って思うかもしれませんが、ICI療法で使われる針の太さは髪の毛ほどの大きさしかなく、薬の量も0.1ccしかないのでほんの一瞬チクっとする程度です。

最初は専門の医師の指導の下注射してもらい効果が出るのか反応をみますが、2回目以降は自分自身で注射を指す必要があります。

なぜならばICI療法は注射をしてから10分程度で効果が現れるので病院に行って打ってもらって性行為をするというのは難しいですよね。

ですから自分で針と薬を携帯して性行為となったら注射をするのです。

多くの人が出来るのかなって思うかもしれませんが、慣れてきたらED治療薬を服用するよりも簡単という人もいます。

特に副作用もないので性行為中に頭痛やめまいが出るということもありません。

これだけ素晴らしいED不全の治療法があるのにも関わらずここまで広まっていない理由としてはまずICI療法を行ってくれる医者の数が少ないということが挙げられます。

都心部などでは比較的ICI療法を行ってくれているところがありますが、そして一回の施術にかかる費用が高いという点です。

ED治療薬も医療保険適用外であり、1錠あたりの値段も高くて1,500円から2,000円ほどかかります。しかし、ICI療法に関しては1回の使用に大体約10,000円ほどかかる計算になるのです。

そのためどうしても金銭的負担がかかってしまいますので気をつけるようにしましょう。

感度が圧倒的に鈍る

ICI療法を使う上でもう1つ難点があり、ED治療薬と比べると感度が圧倒的に鈍ってしまうという点です。ED治療薬は性的興奮があって初めて勃起に至りますが、ICI療法の場合は注射をしたら強制的に勃起に至るのでどうしても感度がかなり下がってしまうのです。

そのためICI療法は早漏の方にも使用されているケースもあります。

もちろんED治療薬に効果があるのであればED治療薬を使い続けたほうがいいですが、ICI療法があるということを覚えておきましょう。

決してED治療薬が効かないとなって諦めないようにしましょう。

各ED治療薬の詳細ページへ