ED治療薬で胎児や妊娠への影響

影響は全くしない

あくまでも血管を拡張させる薬


ED治療薬で胎児や妊娠への影響について紹介をしていきたいと思います。

結婚をして最初は夫婦生活を楽しみたいと思う人たちも多いでしょう。

無理に子作りをせずに自然の成り行きに任せて出来たらよし出来なくても最初は思い出作りで過ごしたい思う人は多いです。

ある程度夫婦生活を楽しんだらそろそろ本格的に妊活をしていこうという家庭は多いのですが、いよいよ妊活をしていこうということなったら男性がEDになってしまったという男性は多いです。

これは極少数ではなくては妊活中に男性はEDになってしまうことは実は多いのです。

せっかくこれから本格的に妊活に進もうとしているのに女性からしてみればしっかりしてって思うかもしれませんが、仕方のないことなのです。

決してパートナーに対して魅力がなくなったというわけではなくてそもそも性的興奮が沸きづらくなってしまいます。

妊活の第一歩として行うこととして女性が妊娠しやすい月例のタイミングで性行為をすることなのですが、この決められた時に必ず行わなければいけないというプレッシャーだったり、作業的な感覚が性的興奮を鈍らせてしまいEDになってしまうのです。

しかし、女性の立場からしてみれば親からは早く孫の顔を見せろとせっつかれてしまいますし、友達や知人からも詰め寄られてしまいます。

妊活を始めると毎月生理が来ることで女性はどん底へとたたきつけられたような感覚になってしまいます。

体外受精などの手段もありますが、それでも出来ることならば自然妊娠を望む夫婦も多いですよね。

せめて男性はしっかりと性行為を出来る状態にしたいですよね。その時に役に立つのもED治療薬です。

でもED治療薬で胎児に影響が出て出来づらくなったり、精子に異常が出てしまうのではないかとかそもそも妊娠しづらくなってしまうのではないかという不安があると思います。

しかし、ED治療薬によって胎児や妊娠への影響を受けるということはありません。

今までにED治療薬によって影響が出たという報告は1件も出ていません。

そもそもED治療薬は血管を格調させて血流を良くするのと勃起した時に勃起を収めようとする成分を阻害させて勃起を長く維持する効果を持っています。

決して子宮に影響を与えたり、男性器に影響を与えたり、精子に影響を与えるものでもありません。

それでも不安に感じる人はいると思いますがED治療薬は不妊治療の専門家が今まで勃起不全に悩まされたことがない人にも念のために渡すぐらいに安全なんです。

勃起不全じゃなかった人もいざ性行為をしてみようとなると途端に勃起不全になってしまうこともあります。

ですから念のために1錠処方されたりします。

それだけ妊活をすることに安全性が保たれている裏返しでもあります。

どうしても不安であれば不妊治療の専門医に確認をとっても大丈夫です。

妊活中は子供が出来ないことにピリピリしてしまって夫婦仲が悪くなってしまったりするのでせめて男性は性行為が出来る状態でいることが大切です。

各ED治療薬の詳細ページへ