自分を磨こう

色々な仕事に可能性を持って本当にアダルト業界に進む前にできることをしましょう。

不景気の煽り

そもそもここまで多くの女性がアダルト業界に勤めることになるとは誰もが思わなかったでしょう。景気が上向きになればなるほどこっちに進む人は少ないのですが、景気が下降の一途をたどっているとどうしても勤めようとする人が増えてきます。

統計学的には10人1人が何らかの形で風俗関係に勤めていると言われているぐらいです。さすがに大げさかもしれませんが50人に1人と言われたら納得してしまうかもしれませんね。都会だから多いとか地方に暮らしているから少ないというわけではありません。むしろ地方に住む人が出演する機会も多いと言われております。

なぜここまで色々な人が出演してしまっているのかというとやはり景気が下向きだからではないでしょうか?都会ならばまだ需要があると思っている方も多いかもしれませんが、もらえるお金はかなり少ないのです。

そうなってくると大体が未来に希望が持てなくなってしまってストレスも溜まってくるでしょう。そうなるととにかくお金がほしくなってしまってお金がもらえる風俗関係に行ってしまうのも仕方がないのかもしれませんが同じような考えを持つ人もいると覚えておきましょう。

そのため今は多くの人がアダルト業界に進もうとしていて人があふれかえりそこでもデフレ化が止まらなくなっております。昔だったらものすごい可愛ければそれだけで出演料が一本100万とかもあったかもしれません。しかし、今はその半分にも見たいないということもあります。

企画ものだったら3万ぐらいで出演させられてしまうということだってあるのです。もちろんトップ女優になれば逆にお金を稼げる道というのはどんどん出てくると思いますがかなり大変な道です。

気づいたらキャバクラで働いた方が稼げるのではないか?というぐらいですのでちゃんと調べてから出演するかどうかを決めたほうがいいと思います。中には平均のサラリーマンすらも稼げなかったという人も結構いたりします。裸を見せて少なかったら何のために出演するかわかりませんよね。

更新履歴

「アダルト業界の現状」最新更新情報