正しいED治療薬の服用方法

効果を最大限に引き出す

用法容量を守る


ED治療薬を服用する際に必ず大事なことは1日1錠で服用したら24時間空けることが大切です。

バイアグラが誕生した日本では未承認のときに個人輸入で手に入れた人は正しい知識を得ずに適当に服用している人がいて過度に摂取をしていたことで命の危険にまで陥ってしまった人がいます。

薬だから大丈夫とかそこまで副作用なんてないでしょ?って安易な気持ちで利用していた人が多かったために異例の速さで日本でも承認されたのです。

薬だからといって適当に服用するのは危険です。

ED治療薬というのは80%もの人が効果を実感できたと言うデータがありますので過度に摂取するようなことはしないようにしましょう。

この1日1錠で24時間空けるのは必ず守ってください。

また体調によっては服用した際に副作用が強く出てしまう時があります。その時は副作用が収まるまでは運転は激しいスポーツなどはしないようにして下さい。

その日の体調によっても副作用が出やすかったり全くでない時もありますから自分は副作用が出づらいと油断してはいけません。

ED治療薬は薬によっては食事の影響が受けづらいと言うものあります。

アバナやシアリスが食事の影響が受けないとされていますが、基本的にどのED治療薬も空腹時のほうが薬の効果は出やすいですし、効果が現れてくるのも早いです。

バイアグラやレビトラの場合は空腹時に服用しなければいけません。

あまりにも空腹すぎて気持ち悪いとか性欲よりも食欲のほうが沸いてしまうというのであればカロリーが少なく脂質の少ないものを取るぐらいであればいいと思います。

アバナやシアリスもいくら食事の影響を受けづらいといってもカロリー計算が大変だったり、面倒だと思うのであれば同じようにカロリーが少なく脂質少ないものを摂る位にとどめておきましょう。

ED治療薬を服用するの飲料水は意外と幅広いです。

基本は水やぬるま湯で飲めば良いですし、それ以外のもお茶やスポーツドリンクで飲んでも大丈夫です。なんだったらお酒と一緒に服用しても薬の効果はしっかりと出てきます。

しかし、ED治療薬は血管の拡張させて血流を良くするものです。血流が良くなればアルコールが体内をめぐりやすくなるので普段よりも酔いやすくなります。

普段からアルコールは飲むし強いほうだと言うのであれば大丈夫かもしれませんが、お酒はあまり飲まないし、酔いやすいという人はお酒と一緒に服用しないようにしましょう。

それでも恋人などとデートに行けばアルコールを飲むことも多いですよね。ですからお酒と一緒に服用してもいいとなったら助かりますよね。

また牛乳などの脂質が多い飲み物の場合薬の成分が十分に行き渡らないので牛乳などとは飲まないで下さい。

グレープフルーツなどの柑橘類に注意

牛乳などの脂質が多いものと一緒に飲むと胃の中に膜が出来てしまい薬の成分が十分に行き渡らないのですが、逆に薬の成分が効きすぎてしまうグレープフルーツと一緒に服用してしまうと薬の効果が強く出すぎてしまいます。

だったら一緒に服用したほうが良いのではないか?って思うかもしれませんが、同じように副作用も強く現れてしまうのです。

ED治療薬は正しい服用さえすれば効果は現れると認められて発売が許可されているのです。

ですから無理に効果をより得ようと思ってしまうと副作用が強く現れてしまうので危険です。

普段は顔の紅潮や目の充血などだけだったのが頭痛やめまいが出てしまったり、普段から頭痛の症状が出ていたのがより悪化してしまったという人もいます。

無理に効果を上げようとするのは大変危険ですのでやめましょう。

出来ることならばED治療薬を使う24時間前は服用しないようにしておきましょう。

各ED治療薬の詳細ページへ